ブックメーカーの達人はベット方法にこだわります

ベット方法 ブックメーカーの達人

ブックメーカーで勝ち続ける達人は、決して予想するのが上手いわけではありません。特徴的なのはベットの方法にこだわるということです。当たり外れに左右されずに利益を出すためには、確率の考え方を取り入れる必要があります。例えば確率半々の勝負でオッズが2倍を越える賭けを続けるのであれば、利益を出し続けることができます。もちろん、そのようなオッズを提示する業者はありません。

逆に2倍を下回るオッズを提示することで、収益を生むことができるわけです。けれどもブックメーカーによっては、勝率の高いチームや選手に高いオッズをつける場合があります。これは試合を行うチームや選手の実力が近い場合に起きる現象です。どちらが勝つ可能性が高いのか、業者によって判断が異なるのが理由です。すると両方のチームで高いオッズでの賭けを行うことも可能となってきます。

これは投資の世界では両建てと呼ばれるものですが、勝敗に関わらず利益を生み出すポジションを作ることになるわけです。このように達人はベットの仕方にこだわることで、有利に資金を増やすことになります。ポイントはオッズをうまく利用して損失を抑えることと、システム的に賭けることで心理的な影響を排除することです。人はお金が絡むと冷静さを失いがちになります。損失がかさむと、つい大きなリスクをとってしまうことになるわけです。けれども達人の場合にはそのようなリスクを回避して利益を確保することになります。

ベット

Menu