ブックメーカー 達人への道

データ重宝 ブックメーカーの達人

データ

ブックメーカーは資産運用に役立つことでも注目されています。達人と呼ばれるような人は決して運がいいわけではありませんし、的確な予測ができるわけでもありません。実はデータを重視して、有利な条件で賭けているのが特徴です。例えばテニスの試合の場合、データによっていくつかの特徴が見られます。例えば世界ランキングの上下関係が試合にも大きく影響するのは知られています

。もちろん番狂わせがあるので、予測するのは難しいものです。けれどもこのようなデータを利用すれば、稼げるシステムを作り上げることは可能となります。例えばランキングの近い選手の場合、勝率はほぼ半々になります。そしてそのような確率が半々のゲームこそ、プロのギャンブラーが稼げるシステムを組みやすくなりますしブックメーカーの達人も同じです。確率半々のゲームならば、オッズは2倍を超える時に賭けるだけで利益を生むことができます。これはブックメーカーによってオッズが異なるのが理由ですが、確率は半々でも有利なオッズで賭けることが可能となります。

ゴルフ

このような状況でのみ賭けることで、勝率を高めることができるというわけです。さらに賭け方にも特徴がありますが、確率半々のゲームで負ければ賭け金を増やすことになります。逆に負ければ賭け金を減らすわけですが、これはモンテカルロ法と呼ばれる有名な賭け方です。半々の確率は大数の法則によって、それぞれが出る回数は同じになっていくのを利用しています。

対戦 ブックメーカーの達人

対戦

ヨーロッパでは人気のブックメーカーですが、スポーツの試合だけでなくアカデミー賞やノーベル賞などの大きなイベントも賭けの対象になることがあります。明日は雪が降るかなどが賭けの対象になることもあるので、スポーツを知らない人でも日常的に賭けに参加しています。ブックメーカーが人気がある理由は、他のギャンブルに比べて還元率がとても高いことです。日本の競馬や競輪の還元率は70~80%くらいですが、ブックメーカーの還元率は95%くらいなので儲けもだしやすいです。

ブックメーカーの達人を目指す人もいますが、簡単に達人になれるわけではありません。やはり地道にコツコツ賭けて自分なりのデータを収集することが大事です。対戦相手との対戦成績や対戦相手の現在の調子などもしっかりデータを取り分析することが達人になる近道です。

最初は負けることもありますが、負けてもしっかりデータを取り続けていると、どうして負けたのか原因もわかってくるので次回につながります。一番やってはいけないのは、負けを一気に取り返そうとしてリスクの高いオッズに全財産を一気に賭けることです。予想が外れると全ての資金を失うことになります。いろんなペッティングスタイルを研究して、自分なりのペッティングスタイルを見つけることも達人になる方法です。

ブックメーカーは毎日少しの時間でもいいので、続けることがとても大事です。毎日続けて自分だけのオリジナルな戦略をたてると勝つコツがつかめます。

球技

Menu